債務整理のデメリットを知っておこう【債務整理で失敗しないために】

債務整理のデメリットを知っておこう【債務整理で失敗しないために】

債務整理のデメリットを知っておこう【債務整理で失敗しないために】

債務整理のデメリットは、方法によってそれぞれ違います。
デメリットが一番小さい債務整理の方法は、任意整理です。
任意整理はデメリットが少なく、信用情報機関に情報が登録されるぐらいです。
一定期間ローンやクレジットカードは使えませんが、借金が減ることに比べると微々たる影響でしょう。
官報に情報が記載されることもないので、周囲にバレることがないのも任意整理の魅力です。
個人再生や自己破産より減らせる借金の金額は少ないですが、デメリットが少なく任意整理しやすい方法と言えます。
個人再生は、任意整理よりもデメリットがある債務整理の方法です。
しかし、持ち家を残すこともできるので、債務整理をしても生活が一変することはありません
自己破産は、債務整理の中で一番デメリットが大きい方法です。
持ち家は手放しますし、現金や預貯金など財産も没収されてしまいます。
借金の支払い義務はなくなりますが、生活が一変して立て直すのも大変な方法です。
デメリットは、このように債務整理の方法によって違います。
債務整理をすると、借金を減らせることはできます。
自己破産の場合には、借金がゼロになり支払い義務もありません。
しかし、大小さまざま悪影響を受けてしまうので、できれば使わない方が良いです。
借金を整理するのは、支払いができなくなったときの最終手段として考えておきましょう。
基本的には、支払いのできる範囲でお金を借りていると使うようなことはありません。