債務整理の費用を安く抑える方法とは?※賢い債務整理を目指そう!

債務整理の費用を安く抑える方法とは?※賢い債務整理を目指そう!

債務整理の費用を安く抑える方法とは?※賢い債務整理を目指そう!

債務整理は、当事者間の話し合いによって行う場合と地方裁判所を通じて行う場合とが在ります。借金や負債を整理する債務整理ですが、地方裁判所を通じて行う場合や専門家に依頼する場合は費用はかなり掛かるそうですし、専門家の自社サイトで紹介されている平均的なデータや平均的費用を上回ることが多いそうです。
 債務整理というと、倒産手続きが思い浮かびます。倒産であっても、経営権が保障されたり個人としての再生を目的とするタイプの倒産手続きであれば、収入印紙は一万円、官報掲載費として一万二千円位、郵便切手代として二千円程度、個人再生委員が選出された場合に納付する費用として二十五万円程度、となります。再生についてですが、委員が選出されるかどうかは東京地裁以外は任意とされているそうです。
 個人で全てを行う場合、平均で二十七万円程度となるそうです。また、司法書士や弁護士に依頼する場合は報酬を納付することになりますが、分納に関する相談は無料となっているそです。
 司法書士に依頼する場合は代理権は司法書士に付与されないですが、納付する報酬額は最低で二十万円となっています。弁護士は最高で五十万円(司法書士の最高額は三十万円)となりますが、整理に関しては迅速にサポートしてくれたり、報酬を納付する場合は分納を親身になって無料相談できたりと安心することができます。また、弁護士の場合は再生委員を付けるかどうかを交渉してくれるので場合によっては安く済むことも在るそうです。